今期の深夜アニメ追っかけブログ

ハマる!深夜アニメ

2019年 秋アニメ 慎重勇者

【慎重勇者アニメ】魔王軍四天王を分析!ケオス・マキナ、デスマグラ、キルカプル、イレイザ=カイゼル、他

慎重勇者2話 四天王ケオス・マキナ

(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会 第1話

秋アニメ「慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~」は慎重勇者の前に立ちふさがる敵の魔王軍もかなり慎重です。

その中でも魔王軍直属四天王の

  • ケオス・マキナ
  • デスマグラ
  • キルカプル
  • イレイザ=カイゼル

は強敵でした。

イレイザ=カイゼルは主人公と戦闘しないため強さは分かりにくいですが、ステータスを見れば相当強いことが伺えます。

ここでは慎重勇者の四天王の強さを分析してみました!
四天王の第二形態、使役するモンスターなども一緒に解説。

番外編としてフライ・アサルトフライ魔王軍強襲飛行部隊のベル=ブブも紹介します。

ぬし
アニメの第9話までネタバレしているので、未視聴の方は気を付けてくださいね!
ホーくん
慎重勇者は敵も強いところが魅力的だよね。

原作の小説は読んでいないので、原作を知らない視点での内容になります。

当サイトの慎重勇者に関連する記事は「慎重勇者の関連記事」から確認できます。

四天王4人の特徴・エピソード・ステータス分析

慎重勇者に出てきた魔王軍四天王を登場順に分析していきます。

四天王① ケオス・マキナ:紅一点! 奥の手を複数持つ戦闘の達人

慎重勇者1話 魔王軍直属四天王ケオス・マキナ

画像の出典元:(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会
第1話

ケオス・マキナのザックリまとめ

  • 出番は第1話の後半~第2話
  • 紅一点、四天王で唯一の女性
  • 武闘派
  • 第一形態、第二形態、最終形態グレイター・デーモンの3つ形態がある

四天王の紅一点、ケオス・マキナ。
主人公の聖哉たちが初めて訪れた最初の町「エドナの町」に現れた最初の四天王です。

ケオス・マキナ 第一形態のステータス

LV 66
HP 3877
MP 108
攻撃力 887
防御力 845
素早さ 951
魔力 444
耐性 風・水
特殊スキル 魔剣(Lv:15)
特技 デモニック・カースト魔神呪殺剣
性格 残忍

もし召喚された勇者が聖哉以外なら、LV1状態でLV66の四天王と戦うはめになったでしょう。
普通ならここでゲームオーバーですが、聖哉は事前にレベル上げをすることで勝利できました。

ケオス・マキナの性格は残忍非道!

ステータスの性格にある通り、ケオス・マキナは残忍です。

一度神界に姿を消した聖哉をおびき寄せるため、エドナの住民を惨殺。
勇者が来なければどんどん惨殺していくと宣言します。

人を消すことに抵抗がないどころか、楽しんでいます。
人の血しぶきを見て、
「あ~、人間の赤い噴水ってキレイ~。とっても綺麗ねぇ~。」
と嬉しそうにしている姿は恐ろしいです‥‥。

ミャーちゃん
まさに悪!って感じね。

ケオス・マキナの第二形態

慎重勇者2話 四天王ケオス・マキナの第二形態

画像の出典元:(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会
第2話

↑ ケオス・マキナの筋肉がモリモリに

神界から戻ってきた聖哉を見たケオス・マキナは警戒をして第2形態に変化。
筋肉モリモリマッチョウーマンに。

レベルは変わっていませんが、ステータスも跳ね上がりました。

これがケオス・マキナの本気か!と思いきや、最終形態は別にあります。

ケオス・マキナ 第二形態のステータス

LV 66
HP 5511
MP 227
攻撃力 1128
防御力 1199
素早さ 1060
魔力 517
耐性 風・水
特殊スキル 魔剣(Lv:18)
特技 デモニック・カースト魔神呪殺剣
性格 残忍

※変化のないステータスは灰色にしています

ぬし
第1形態と比べると、ほとんどのステータスが1.2~2倍くらいになっています。

最終形態グレイター・デーモン

慎重勇者2話 グレイター・デーモン(四天王ケオス・マキナの本性)

画像の出典元:(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会
第2話

↑ 四天王ケオス・マキナの本性

ケオス・マキナの奥の手の奥の手「特技:デモニック・カースト」で姿が変化したケオス・マキナの最終形態。
人型から悪魔のような姿になり、名前もグレイター・デーモンに変わっています。

ちなみにレベルと性格だけは変化なし。

女神リスタルテによると、難度Dクラスの魔王を超す強さだそうです。

難易度の低い魔王すら超えてしまったケオス・マキナですが、この時点で第2話
序盤から一般的な魔王より強い敵が出てくるのが慎重勇者の世界です。

グレイター・デーモンのステータス

LV 66
HP 15100
MP 424
攻撃力 3577
防御力 3229
素早さ 3847
魔力 548
耐性 火・風・水・土・毒・麻痺
特殊スキル 全魔力攻撃力転化(Lv:15)
飛翔(Lv:10)
特技 デモニック・デリート魔神滅殺拳
性格 残忍

※変化のないステータスは灰色にしています

ホーくん
MPや魔力以外は3倍以上強くなってるね!

聖哉のフェニックス・ドライブでケオス・マキナは敗北

事前にレベル上げという名の筋トレをした聖哉はケオス・マキナの撃退に成功します。
トドメとなったのは聖哉の「特殊スキル:フェニックス・ドライブ鳳凰炎舞剣」。
最期は派手に爆発して消し炭に。

ミャーちゃん
グレイター・デーモンは火の耐性があったはずだけど‥‥。
ホーくん
耐性も突き抜けるほどの攻撃力だったのかな?

ケオス・マキナのメイン回、第2話の感想はこちら。

四天王② デスマグラ:モンスターの改造が得意

慎重勇者4話 魔王軍四天王デスマグラ

画像の出典元:(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会
第4話

デスマグラのザックリまとめ

  • 出番は第4話
  • アンデット使いであり、モンスターの改造が得意
  • 切り札の改造モンスター「ダークファイラス」は耐久持ち
  • 使役する本人は非戦闘タイプでステータスは非公開

四天王デスマグラはアンデットを作り使役したり、モンスターを改造できます。

非戦闘タイプなのでデスマグラのステータスはアニメで描写されませんでした。
よって、デスマグラの最強の手持ちモンスターをメインに分析します。

耐久持ちのダークファイラス! 弱点以外は無効化

慎重勇者4話 ダークファイラス

画像の出典元:(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会
第4話

↑ ダークファイラスは詰みモンスター

デスマグラが数百回の実験を繰り返して生み出した最強の火属性モンスター、ダークファイラス。
デスマグラの切り札です。

ダークファイラスはありとあらゆる属性に耐性を持っています。

唯一の弱点は「振動波の打撃系スキル+氷結魔法+防御力を超えた攻撃」
振動波の打撃系スキルはマイナースキル、氷結魔法は聖哉と真逆の属性です。

ダークファイラスの倒し方

  • 特技:振動波で体の分子構造に乱れを起こす
  • 氷結魔法で属性を火から氷に変換し物質化させる
  • ダークファイラスの防御力を上回る力で攻撃すれば倒せる

有効打を持っていない限りは絶対に倒せない敵ですが、当然のように聖哉は有効な攻撃を準備していました。
さすがレディパーフェクトリー!

ダークファイラスのステータス

LV 74
HP 80187
MP 9215
攻撃力 31159
防御力 135875
素早さ 10741
魔力 8377
耐性 火・風・水・雷・土・聖・闇・毒・麻痺・眠り・呪い・即死・状態異常
特殊スキル 全武器攻撃無効化(Lv:MAX)
火炎系魔法無効化(Lv:MAX)
風系魔法無効化(Lv:MAX)
水系魔法無効化(Lv:MAX)
雷魔法無効化(Lv:MAX)
土系魔法無効化(Lv:MAX)
光系魔法無効化(Lv:MAX)
闇系魔法無効化(Lv:MAX)
特技 デッドリーフレイム完全黒死炎
性格 デスマグラにのみ従順
ホーくん
耐性持ちって厄介だよね~。ポケモンでいうヌケニンみたいな感じかな?
ミャーちゃん
弱点になる攻撃手段を持っていないと詰むタイプの敵ね。

デスマグラ自身の戦闘はカット!

強敵のダークファイラスを倒した後のデスマグラの戦闘はバッサリとカットされました。
描写されていないということは、使役する本人は戦闘できないタイプだったのでしょう。
切り札を失ってしまったデスマグラの最期はあっけないものでした。

デスマグラの登場回、第4話の感想はこちら。

四天王③ キルカプル:参謀&召喚術師!超概念の死神を召喚

慎重勇者8話 四天王キルカプル

画像の出典元:(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会
第8話

キルカプルのザックリまとめ

  • 出番は第8話の後半~第9話
  • 種族はおそらくドワーフ
  • 参謀 兼 召喚術師
  • 自分の命、愛する家族の命、イザレの村人の命を生贄に「超概念の死神 クロスド=タナトゥス」を召喚
  • 非戦闘タイプ。戦闘は召喚された魔物がするためステータスは非公開

召喚術師キルカプルはデスマグラと同じく非戦闘タイプです。
そのためアニメでキルカプルのステータスは描写されませんでした。

本格的に登場したのは第8話からですが、実は第5話で一般人として聖哉と接触しています。

慎重勇者5話 イザレの村のドワーフ商人

画像の出典元:(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会
第1話

↑ ドワーフ商人として主人公と接触

アダマンタイマイを異世界から召喚、最強の鎧を破壊

キルカプルは「アダマンタイマイ」という亀を別の世界から召喚、勇者が手に入れるはずだった伝説の鎧を壊します。

伝説の鎧は最強の防御力を誇るので本来は誰も壊せないのですが、異世界からモンスターを召喚することで破壊に成功してしまいました。

ホーくん
主人公たちは伝説の剣も鎧も失っちゃったね。
ぬし
魔王側から見ればキルカプルは見事な活躍ですね‥‥。さすが参謀です。

その後、キルカプル自身の命とその他多数を生贄にして死神を召喚!
キルカプル自身はすぐに退場してしまいます。

キルカプルが召喚した「超概念の死神 クロスド=タナトゥス」

慎重勇者9話 超概念の死神 クロスド=タナトゥスの文字化けステータス

画像の出典元:(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会
第1話

↑ 桁違いに強い死神

超概念の死神クロスド=タナトゥスは画像の通り、ステータスが文字化けしていて読めません。
別の世界や次元から訪れたため、ステータスが聖哉たちの知っている言語と違うようです。

そのため数値で強さを見ることはできないのですが‥‥神様ですら歯が立たない強さです。
さらりと別次元である統一神界にまで侵入してきます。

さすがの聖哉も歯が立たずに初めてダメージを受けてしまいました。
そこで聖哉は神界最強の女神と戦わせるように仕向けます。

死神クロスド=タナトゥスは女神ヴァルキュレが討伐

無敵かと思われた死神も、さすがに神界で最強の女神ヴァルキュレには敵いませんでした。

ヴァルキュレの奥義、最終破壊術式ヴァルハラ・ゲートにより消滅。
ちなみにヴァルハラ・ゲートは因果律を超える回避不能の直撃破壊というチート術です。

第9話時点では、死神クロスド=タナトゥスは最凶の敵でした。

キルカプルが登場した死神メイン回、第9話の感想はこちら。

四天王④ イレイザ=カイゼル:ステータスが高い武闘派

慎重勇者9話 四天王イレイザ=カイゼル

画像の出典元:(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会
第9話

イレイザ=カイゼルのザックリまとめ

  • 出番は第9話の後半 ※出番はほぼ無い
  • 戦帝に瞬殺されてしまったため、ステータス以外の能力などは不明

カイリキーのように腕を複数持つ四天王イレイザ=カイゼル。
武器も複数所持しています。

「最後の四天王はどれくらい強いのかな」と期待した人も多いのではないでしょうか?
しかし‥‥彼は最強の戦士・戦帝のかませ犬になってしまいました。
そのため詳しい能力は分析しようがありません。

イレイザ=カイゼルのステータスだけ見れば、同じ武闘派のケオス・マキナの100倍くらいの数値です!
普通に戦っていれば強敵でしょうね。

イレイザ=カイゼルのステータス

LV 88
HP 245842
MP 98564
攻撃力 218333
防御力 207465
素早さ 140251
魔力 87654
耐性 火・風・水・雷・氷・土・毒・麻痺・眠り・即死
特殊スキル 全魔力攻撃力転化 (Lv:MAX)
飛翔 (Lv:MAX)
邪眼 (Lv:15)
特技 六道魔導剣モード・イーヴルシックス
性格 獰猛
ホーくん
邪眼はどんなスキルだったのか気になるな~。
ミャーちゃん
特技も強そうよね。日の目は浴びなかったけど‥‥。

戦帝の「クラッシュ・セイントライト(爆砕聖剣)」で瞬殺

戦帝は聖哉たちが救おうとしている世界ゲアブランデの最強戦士です。
勇者を除いて間違いなく最強と言われています。

その戦帝が特技:クラッシュ・セイントライト爆砕聖剣でイレイザ=カイゼルをバッサリ倒してしまいました。

ぬし
あまりにもアッサリすぎて、実は分身で本体は生きているとか予想してしまいます‥‥。

イレイザ=カイゼルはあからさまに“闇属性”っぽい外見をしています。
種族は悪魔かもしれません。

一方、戦帝のスキルを見ると「聖剣」という表記が多く、光属性のような感じがします。

イレイザ=カイゼルは光属性と相性が悪かったのかもしれませんね。

イレイザ=カイゼルが登場した回、第9話の感想はこちら。
瞬殺されてしまったので、該当箇所は少なめです‥‥。

【番外編】ベル=ブブ:回避特化の素早いハエ

慎重勇者8話 雲の上のベル=ブブ

画像の出典元:(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会
第9話

ベル=ブブのザックリまとめ

  • 出番は第7話第8話
  • 魔王軍強襲飛行部隊フライ・アサルトフライの長
    ハエの魔物の軍勢を指揮する親玉
  • 回避、素早さにすべてのステータスを振っている。魔王軍最速!
  • 特技で弓の女神の攻撃すら避ける
  • 空中戦では無敵

四天王ではありませんが、四天王に匹敵するくらいの強さを見せたベル=ブブ。
正直ケオス・マキナより強いように見えます。

攻撃を回避することに全力投球したステータスになっています。
ダークファイラスと同じく敵に回したくないタイプですね‥‥。

空中戦なら他の四天王にも負けないんじゃないかな? と筆者は思っています。

ベル=ブブのステータス

LV 76
HP 18963
MP 8751
攻撃力 7877
防御力 5969
素早さ 487562
魔力 883
耐性 火・水・氷・雷・毒・麻痺・眠り・状態異常
特殊スキル 攻撃回避 (Lv:MAX)
飛翔 (Lv:MAX)
特技 アシッド・スピット強硫酸吐出
ローリング・ドッヂ旋回傾倒回避
性格 非情
ホーくん
回避に特化したのはいいけど、攻撃力がないと決着がつかないような?
ミャーちゃん
もし聖哉に攻撃できたとしてもダメージが与えられるかは微妙ね。

ローリング・ドッヂは女神の矢すらも避ける

聖哉が弓の女神ミティスに習得したスキル「セブンスショット・シャイニングアロー」。
ミティスによれば魔物が避けるのは不可能と言っていますが、ベル=ブブはこれを特技で避けました。

回避に特化することで神々の攻撃すらも避ける強敵です。

聖哉は矢を回避されることを予測し対策を練っていたので勝てました。

ベル=ブブの討伐回、第8話の感想はこちら。

慎重勇者の四天王+α まとめ

今回は魔王軍直属四天王を分析してみました。
武闘派2人、非戦闘タイプ2人とバランスの良い人選です。

  • ケオス・マキナ
    紅一点。武闘派。3つの形態を持つ。
  • デスマグラ
    アンデット使役&モンスター改造。耐性持ちのモンスターが切り札。
  • キルカプル
    参謀&召喚術師。自分すらも生贄にして最強の死神を召喚。
  • イレイザ=カイゼル
    ステータスは高いが、戦帝に瞬殺。出番が少ない。
  • 【四天王以外】ベル=ブブ
    ハエ。素早さと回避特化。

途中からステータスの数値がインフレしすぎて、ケオス・マキナは四天王にしては弱すぎでは? という気分になってきました。
ただケオス・マキナの本気はそこらへんの魔王より強いので、きっと四天王になれるだけ強かったのでしょう。

最初からイレイザ=カイゼルが勇者を倒しにきたら‥‥さすがの聖哉も詰んでいそうです。
物語の都合上か、それとも何か理由があったのか?
そこのあたりもアニメで明かされるかもしれませんね。

ちなみに個人的には四天王の中だとデスマグラが好きです!
マッシュを拷問するえげつない人物ですが、なかなか良いキャラをしています。

ぬし
四天王を分析は以上です! 今後なにか発覚したら更新するかもしれません。

当サイトの慎重勇者に関連する記事は「慎重勇者の関連記事」から確認できます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ぬし

ぬし

年間50作品以上の深夜アニメを見るオタク。 好きなジャンルは、冒険・ファンタジー・異世界・女の子。それ以外も幅広く見ています。 20代後半の主婦。東京都在住。

-2019年 秋アニメ, 慎重勇者
-, , , , ,

Copyright© ハマる!深夜アニメ , 2020 All Rights Reserved.